×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

血糖値が高いとかかる疾患

血糖値が高い高血糖という症状は、測定をすれば数値として血糖値が高いという症状が認められますが、具体的な自覚症状が大抵ありません。ですから、気づかぬうちに深化していることも多々あります。高血糖では自覚症状が大抵ありませんが、放置していると、やがて糖尿病へと繋がります。

糖尿病に発展すると、糖尿病が併発しやすい合併症を発症する危険が増大します。糖尿病も、咽頭の渇きや頻繁な空腹感などを感じる程度で、軽症の間は大抵自覚症状がありません。しかし、糖尿病から併発する合併症は大変危険な疾患ばかりです。高血糖の人は動脈硬化が理由で起こる脳梗塞や心筋梗塞になる危険度が、一般の人の2〜4倍にも増大するといわれています。また、糖尿病は糖尿病性網膜症という疾患を発症しやすく、糖尿病性網膜症は悪くすると〜の場合、失明してしまいます。視力障害はやはり怖いですね。

糖尿病が発症して4〜5年で、半数近くの人が糖尿病性網膜症を発症するともいわれている怖い病です。糖尿病性神経障害は、特に四肢の末梢神経がおかされることが多く、四肢の末端から壊疽していくケースもあり、悪くすると〜は切断せざるを得なくなります。他にも、糖尿病性腎症は、その名の通り、腎臓に障害が出る病です。腎臓に障害が出ると、体内の老廃物を排出する働きが衰弱ますから、様々な肉体的不具合が起きてきます。

癌や脳梗塞といった恐怖感があまりないのが糖尿の怖い処です。高血圧や高脂血症といった処も同様ですよ。